旦那がブラックでもモビットは主婦が借りられますか?

旦那がブラックでもモビットは主婦が借りられますか?

black.jpg

家族の誰か一人が、金融事故のため金融ブラックになったとしても、本人以外の家族は、金融機関から融資を受けることに影響を受けません。

つまり、旦那さんが金融ブラックになったとしても、妻であるあなたは、金融機関からの融資を受けることは可能です。

例えばモビットは、満20歳以上69歳以下の安定した収入のある方であれば、アルバイト、派遣社員、パート、自営業の方も借入をすることができます。

モビットの融資は個人単位の”個人信用情報”を元に行われているので、旦那の信用情報がブラックでも問題はありません。では、個人信用情報とはいったいどういったものなんでしょう?

まず個人の情報として、大きく2つに分類することができます。一つ目は「個人情報」です。この個人情報は、生存する個人に関する情報で、氏名や生年月日など個人を識別できる情報のことを言います。

そして、もう一つは、「信用情報」になります。この信用情報は、個人の信用取引に関する客観的取引事実の情報です。

信用情報は、その会社が消費者から信用情報機関への照会・登録に関する同意を取得したうえで利用されています。

同意した覚えはない!

と思う方もいるかもしれませんが、信用情報が知らないうちに信用情報機関に登録されることはないので、クレジットやローンなどを利用する際の契約書などを見ると、どこの信用情報機関に登録されるのかがわかると思います。

また、この信用情報を扱う機関に次のようなものがあります。

① JICC:日本信用情報機構

「消費者」と「消費者金融会社、クレジット会社、金融機関等」の信用取引に関する契約内容、返済状況などの信用情報を管理・提供する会社です。

平成21年に、全業種横断型信用情報機関の「株式会社シーシービー」と経営統合。
国内で唯一の全業態を網羅する最大規模の信用情報機関です。

平成22年には、貸金業法に基づく指定信用情報機関として内閣総理大臣から指定を受けています。

② CIC:CREDIT INFORMATION CENTER CORP.

クレジット会社の共同出資により、昭和59年に設立。

平成22年に、「JICC」同様貸金業法に基づく指定信用情報機関として内閣総理大臣から指定を受けています。

また同年に割賦販売法および貸金業法に基づく指定信用情報機関として、経済産業大臣より指定を受けた唯一の指定信用情報機関です。

③ 全銀協:全国銀行協会(全国銀行個人信用情報センター)

全国銀行個人信用情報センターは消費者の信用の円滑化を図るために、一般社団法人全国銀行協会が設置、運営している個人信用情報機関です。

銀行の預金貸出金情報、取引停止処分者の負債状況、東京手形交換高と不渡状況、全国手形交換高・不渡手形実数・取引停止処分数などの情報を把握しています。

これらの「信用情報を提出してください。」

となると、意外とその取得に手間がかかりますし、開示費用などがかかったりします。

モビットのWEB完結申込みであれば、そんな面倒なものは必要ありませんから、簡単な「WEB完結申込み」を行ってみてはいかがでしょう?

▼WEB完結申込み▼

モビット主婦119.com|内緒で即日融資OK! > モビット主婦 > 旦那がブラックでもモビットは主婦が借りられますか?