モビットは専業主婦でも借入可能ですか?

モビットは専業主婦でも借入可能ですか?

sengyou.jpg

多くの主婦の方が「今月3万円だけ不足するので、キャッシングで手当したい」っと、不足した月に少額融資を受けるは、とても便利ですし、もしもの時の安心材料になっています。

専業主婦といっても2つの種類があるのをご存知でしょうか?
収入が少しでもある主婦と、収入が全く無い主婦です。前者は収入があるので借入融資可能ですが、後者は収入がゼロなので融資を受けることができません。

では消費者金融(キャッシング)について、詳しく見ていきましょう。

消費者金融は、貸した金額に対しての金利の利息により利益を上げているわけですから、だれかれ構わずお金の貸し出しを行えば、自己破産などの貸し倒れが無いかぎり利益は上がるはずです。

それでは、大手企業、三井住友銀行グループが運営する消費者金融の「モビット」ですが、専業主婦に対しても貸し出しを行うことができるんでしょうか?

モビットに限らず、"総量規制"により、銀行や信用金庫などを除いた貸金業務を営む金融会社の個人融資は、"年収の1/3まで"に制限されています。

1. 総量規制とは?

総量規制とは、自己破産を生み出してしまうような、過度の貸付を行わせないようにするための決まり事で、「個人の債務合計が年収の3分の1を超えてはいけない。」という決まりです。

たとえば、年収が300万円の人は、その3分の1の100万円までしか借りる事ができないというわけです。

ここで、この年収300万円の人が、既に消費者金融やショッピングローンなどで別の借入がある場合は、借入上限額100万円からその分を差し引いた金額になります。

少し厄介な話ですが、この別の借り入れも、「総量規制の対象借入」と「総量規制の対象外借入」があるんです。

2. 総量規制の対象借入

消費者金融や信販会社、クレジット会社などから借り入れを行った場合は総量規制の対象となります。

ですから、借入しているすべての合計が、年収の3分の1までしか借入することができません。

3. 総量規制の対象外借入

消費者金融や信販会社、クレジット会社以外の借り入れになります。

自動車のローンや住宅ローン、不動産担保の借入や個人事業主の借入などがあります。

この場合は、この借り入れ金額を除いた合計が年収の3分の1まで借り入れをすることができます。

4. 専業主婦は借り入れできない。

少し話が脱線してしまいましたので話を戻しますと、自己収入の3分の1までということなので、自己収入のない専業主婦は、借入ができません。

これは、モビットに限らず、銀行や信用金庫などを除いた貸金業務を営む全ての金融会社が、専業主婦には貸出し(融資)を行えないということです。

5. お小遣い稼ぎの収入がある場合は借り入れ可能?

専業主婦だけど、ネットオークションなどでお小遣いを稼いでいる。

年収がある。

という方もいると思います。

「勤務先」「安定した継続収入」から考えると、難しいと思われますが、ある程度の収入があるのであれば、かんたんWEB審査の申し込みをしてみると良いでしょう。融資を受けられる可能性が、すぐに分かります。

もしキャッシングを使わないとしても、もしもの場合に「すぐ5万円引き出せる」というのは、安心感がありますよね。








タグ :